ほうれい線 原因

実は加齢だけじゃない?ほうれい線の原因とは

ほうれい線の原因は加齢、と決めつけていませんか?
加齢とともに気になる肌の変化としてほうれい線があげられますが、ほうれい線の原因は加齢に限られたものではありません。

 

自分の生活の中にあるほうれい線の原因を取り除くことで、ほうれい線を改善できるかもしれません。

 

では、ほうれい線はどのようなことが原因で起こるのでしょうか。
そもそもほうれい線は、肌のたるみによって起こるものです。
この「肌のたるみ」を引き起こす原因には次のようなものがあげられます。

 

  • 肌の乾燥
  • 紫外線の影響
  • 顔の筋力の低下
  • 代謝の低下

 

紫外線の影響以外は、確かに加齢とともに体の機能として衰えていくものですが、日頃気をつけてケアをすることで改善できるものでもあります。
ほうれい線の原因に対してしっかりと対策をすることで、ほうれい線ができることを予防し、できてしまったほうれい線に対してはそれを改善することを目指しましょう。

 

誰でもできるほうれい線の予防策

ほうれい線の予防には特別な技術は必要ありません。
肌を健康に保つことにもつながるので、是非実践してみてください。

 

保湿対策をしっかりと行う

ほうれい線はシワではなく、肌のたるみによるものです。
肌のたるみにアプローチするため、保湿をしっかりと行い、肌のハリを維持するために必要なコラーゲンをはじめとする美容成分を補います。
いわゆるエイジングケアを目的としたスキンケア商品には、高保湿かつ美容成分が多く含まれていますので、効率的に活用できます。
高保湿のベタつきがきになる方は、普段のスキンケアに美容液をプラスするのも有効です。

 

代謝を良くする

代謝を良くし、血行不良を改善することでほうれい線を予防できます。
リンパに沿ってゆっくりと丁寧にマッサージを行います。
力を入れすぎると皮膚に負担がかかるので、優しくなでるように行うのがポイントです。
また、首や肩のコリも代謝を悪くしています。
大きくゆっくりと回して意識的に動かすようにしましょう。

 

表情筋を動かす

パソコンに向かって作業する、1人で家事を行う、ゆっくりお風呂に浸かる・・・普段の生活を思い返すと、以外に「無表情」の時間は多いものです。
使われない筋肉はどんどん衰えてしまう、というのは表情筋も同様。
意識的に動かして表情筋を鍛え、肌がたるまないよう、支える力をつけます。
表情筋を鍛えるには、単純に顔を動かせばOK。
大げさに目を見開いて口を開けたり、思い切り口角を上げて笑顔を作ったり、顔の筋肉を意識して色々な表情を作ってみてください。

 

ほうれい線を加齢のせいにはしない

ほうれい線は加齢による体の機能の低下によってできるものではありますが、それらを普段からケアすることでほうれい線ができてしまうことを予防できます。

 

もちろん、できてしまったほうれい線をなくすためにも有効なので、日常的にほうれい線予防を意識して過ごしてみてください。
ほうれい線予防・改善を気にして始めた人から、ほうれい線と縁遠くなれますよ。

 

 

 

「目の下のクマのせいで気分も憂鬱・・・」

そんなあなたに、ユーザーの93.7%以上が満足した目の下専用美容液!

公式サイトはこちらからどうぞ♪

アイキララ,ほうれい線,原因